2019.10.15 Tuesday

最終日ではありましたが・・・


先日の大きな大きな台風。


被害に合われた方々に心よりお見舞い申し上げます

 

鶴見川から200~300mの我が家。


遠方の家族にはとても心配されましたが、

なんとかうちは被害はありませんでした。

ハザードマップでもギリギリ床下浸水の地域なので警戒し、

鶴見川(家族の近所の)多摩川がみるみるうちに水嵩が増してゆくライブカメラの映像

心ザワつかせながら一日中見張ってました。それはそれは恐怖でした。

 

避難勧告はお隣のエリアまできているわ、川が氾濫するかも!?と鳴り響く警報の中、

一番低い工房の工具は高いところに移動し、

換気扇はテープで固定し、

排水管からの逆流を防ぐために水嚢を作り、

ライフラインが停止した事を想定して水や食料の準備・・・などなど家中を駆け回る。

 

それでも、土嚢が必要だったな・・・とか

レインコートを引っ越しと共に捨ててしまっていて、避難の時にどうしようとか・・・

 

そんな中、ギャラリーからの通常の業務連絡でハッとしました!

そう、その日は、弘前展の『最終日』

しかし川の氾濫の事で頭がいっぱいで、よく分からない返しをしてしまい・・・反省

(展示会についてはまた後日ご報告させてください)

 

翌日に被害の酷さを知って本当に本当に驚きました。

そしてニュースにもなっていない地域で被害に合っている知人もいる事を知りました。


あぁ、せめて一日でも早いライフラインの復旧ができますように。

そしてカラッとした秋晴れの日が続きますように。

 

・・・そう祈る日々です。

2019.09.18 Wednesday

じたばたする

あと少し・・・

今月に入って壮絶。

体調不良で寝込んだり、ガーっと制作の繰り返し・・・

自分をコントロールするのに必死な毎日

 

展示の12週間前となると、

 

制作の他に

+α +α +α +α +α +α・・・あれもこれも仕事がワンサカ

梱包の仕方まとめ(ギャラリー提出用)

引越並・・・車に積めるだろうか・・・

梱包用ナイフ、これ、かなり有用です!

 

料理の作り置き(これも+αのひとつ

 

制作と違って料理は早く結果が出せるのがいいですね。

全部冷凍庫へGO

 

そんな中、水道の検針で水漏れ発覚

どうやら地中・・・?えーーーーっっ

コンクリートはつるんですか????

という事で、毎日の様にあちらこちらに電話したり、調べたり。

増税前で建設業も設備屋さんも大忙しらしく

工事はいつになるのやら。でも、私は東北へ旅立たねばなりませぬ。

 

 

そして

最後の最後にコラボレーションの陶パーツがやってきた!

どうなる???

 

制作できる残り最後の二日間!!!

2019.08.04 Sunday

京都は暑かった・・・

飛行機から富士山

 

静岡や横浜が涼しく感じる程、

 

暑さでベトベト&ドロドロ〜になって周った関西。

(気温は同じくらいでも湿度のせいでしょうか???不快指数が尋常じゃなく・・・

京都では外を10分歩くだけでクラクラ・・・命がけでした)

 

今回の旅のメインは

お世話になっているLier幡(木津川・京都)と、

来年お世話になるギャラリー(静岡)にご挨拶。

@Lier・幡

@Lier・幡

新作も並んでおります @Lier・幡

 

 

+α(美術館とかギャラリー巡り&伊勢神宮参拝)

仕事と観光を混合して帰って参りました。

ちなみに京都の行きたかったほとんどのギャラリーが夏休み・・・

夏休みってあるんだーーーとビックリしましたがこの暑さではその方が賢明かもしれません。

 

 

観光では

ずっと見たかった万博記念公園の「太陽の塔」内部へ!

この内部は去年から再現した形で一般公開しています。

でも当時は動物が動いたり、地下から上空までもっともっと凄い世界が広がっていた様。

 

岡本太郎さんは尊敬するアーティストですが、本当に圧巻のお仕事で!!!

全体にも、それぞれの空間にもテーマがあり、分かりやすくでも想像を超える量感で・・・

(画像ではちっとも伝わらないと思うので是非、実物を体感してみてください。撮影できる一階部分だけの写真です)

口が開きっぱなしの私。

 

大阪万博は1970年、私の生まれる前ですが、なんと言っても一人の芸術家が

こーーーーんな大きなイベントをプロデュースできるのが驚きです。

個展か?というくらい、彼の世界でいっぱいでした。

社会も人も膨大なお金も動かせるなんて。

(周囲の人々、建築家は大変だったようですが)

 

今の時代だったらそういう一人の美術家は誰になるのかしら?

 

パビリオンでは、興味深かったのが「鉄鋼館」。

ホールの中には宇宙に浮かぶ惑星のごとく、無数の丸いスピーカーが浮かび、中央には動く舞台。

ここで様々な舞台をやったのだそう。計算しつくされた音響。

ここでの音楽や舞台はどんなに素晴らしかったのだろうと想像するとワクワク。

 

音の鳴るオブジェの展示もありました。

 

太郎さんのお仕事はもちろんの事、

もうすでに、50年近く前にこんな凄い仕事してる人達がいるのだなーと思うと心がザワザワ・・・

 

刺激たっぷりの数日間。

 

 

 

さて・・・

 

沢山沢山インプットしてきたので、あとはアウトプットするのみ!

9月まで東北の展示に向けて必死に制作です。

2019.06.23 Sunday

一日仙台旅

ちょいちょいドラえもんに頼りたくなるのはのび太君気質なのでしょうか?

(、、、いや、だいぶ違うけど 笑)

 

やっぱり

 

どこでもドアー

 

が欲しくなります。

 

制作追い込みの時期ですが、大事な用事があって

先週末は車で仙台へトンボ帰る。

 

友人であり、元生徒さんでもあるsさんが自国のカナダに帰ってしまう前の最後の個展?二人展?。

(その後にグループ展もあるらしいので彼女は恐ろしい程の忙しさ!)

 

行きたいが為にここ数週間、かなーり朝から晩まで頑張って

詰め詰め仕事の後だったので、

往復心身共にクッタクタ。

 

でも彼女に会えて作品も見れたのは良かったです!

 

彼女は元々織をやっていたり

絵も描くアーティストなのですが、

金属造形の技法の一部を私に習いに来ていました。(8年くらい?)

 

 

とにかく工房の引っ越しは国内でも大変なのに、船便で引っ越しとなると!!!

1年しかいなかった私も様々なものを泣く泣くスウェーデンに置いててきましたので、

20年近く日本にいた彼女はどれだけ大変か。

 

本当は持って行きたいのに難しい品々(道具から茶箱まで)色々なものを頂いて帰ってきました。

ガスボンベの返却の連絡とか私に出来る事はお手伝い。

寂しいけれど、2年後には東京で個展の予定も入れてるのでまた会える!

 

展示会は29日まで

 

初めて行ったギャラリー(一級建築事務所の一部)でしたがとても素敵。

置いているお洋服も雑貨も全て私好みでワクワクしちゃいました

仙台に帰った時は行きたいお気に入りの場所になりました。

 

仙台の方々は是非。

 

長年、様々な国の文化に触れて豊かな感性の彼女。

優しい色遣いと自由な表現者である彼女の作品から、いつもいい影響を受けてます。

2019.04.28 Sunday

GWの出来事

GWですね、

全ての注文品を終わらせてお休みする予定が、終わらず毎朝早起きする羽目に。

小学生の夏休みみたいです・・・

しかも、急きょ必要な工具がなかなか届かない。

どこも渋滞だからしょうがないのでしょうか・・・ヤキモキです。

締切には間に合いますが、注文品、もう少々お待ちくださいませ。

 

そして、GWは日々出来なかった事もスケジュール満載です。

・治療院で身体のメンテナンス

車のメンテナンス

ギャラリーや美術館へ

お客様来たり、実家に帰ったり

 

昨日は、東京ステーションギャラリールート・ブリュック 蝶の軌跡」

そして、

ギャラリー巷房(銀座)「谷口 雅邦展」へ。

 

ステーションギャラリーは初めて行ったのですが、旧東京駅の煉瓦の壁を残していて、

趣き深いとても素敵なところでした。

年代を追ってルート・ブリュックの作品の変化が分かってなかなかの見ごたえ。

(個人的には初期の作品が好きだなー)

 

谷口 雅邦展、いけばな・・・とあるのですが、

いけばなというジャンル?を完全に超越してるインスタレーションで、衝撃的でした。

ここの空間(銀座では有名な歴史ある「奥野ビル」のギャラリーで、とても素敵な空間)

だからこその今回の表現。

過去の作品も写真で見せて頂いて・・・凄く衝撃的(←連呼してスミマセン、感想下手ですね)

で身震いしちゃいました。

素晴らしかったです。

 

ギャルリ・プス(銀座)の楽しみにしていた陶二人展を見て

そして、

 

只今出展中の「時の花展」arts rush(代官山)へ顔を出しに。

 

今回、一番の大物の卓上ライトがすでにご予約済と聞いて・・・感激(涙)

励みになります・・・有難うございました。

どんな所に設置されるのかしら?想像するとわくわくします。

 

 

そして、こちらは先日納品した注文品。

ご注文頂いたお客様は、私の掛け時計や花器も長年大切にお使い下さっていて

また、この子も仲間入りに。

20㎠程度の置時計という注文で、お客様とメールのやり取りをしながらご要望を伺い、

デザインを出して仕上げたものです。

シンプルな形状ですが、金鎚で少し荒めに叩いて柔らかい質感にしてみました。

質感だけは想像できにくいのでお任せ頂きましたが、

どうなるかお客様もきっと心配だったのではないかと思います。

 

私も注文品は気に入って頂けるかどうか、反応知るまでドキドキ・・・

昨日、お電話があり、気に入って頂けたみたいで!心からホッ。

有難うございました。

 

 

今までご購入して頂いた作品は(私が生きている限りは)修理・メンテナンスできますので、

お気軽にご連絡頂けたら、と思います♪

(*破損などの状況によっては修理できない可能性もありますが・・・その辺はお問合せ下さいませ

 

 

 

2019.04.12 Friday

ぎっくり腰だからこそ出来たもの?

ギックリ腰から一週間。

ひたすらアイシングと安静ののち、整骨院の先生に教わった運動を少しづつ始め、

無理せず、出来るだけ動く方向で未だ嘗てない早さでの回復!!!

95%は良いのではないか?と

もう来週からは鍛金開始します。

 

丸4日間は制作どころじゃなかったのですが、

休み休み、少しづつ簡単なジュエリー制作から始めてました。

そしてそうです!

こういう時こそ力のいらないデザインや什器作りです。

 

しかし、ぶち当たる什器問題

今回のarts rushもそうですが、7月に京王百貨店(新宿)があるので何とか考えなくてはいけません。

私にとって一番、什器が難しいのがジュエリー、細かなものたち。

一般的に高級宝石などは、台の台の台の台〜〜〜〜にポンっと一つの指輪を置いていたり

そのジュエリーのイメージに合わせての演出込の台座ってわけです。

小さくて高価なものなので、平置きにはなかなかできないものなのです。

 

しかし、私は”ジュエリー”と言っても”宝石”を扱っているわけではないので・・・

既成のベルベットとか革製のキラキラの什器が合う訳もなく

かといって、簡素な組み立て式の紙製の什器を使う程、安価なものでもないので

どう自分の世界を表現しつつ、

造形として決して作品より前に出ない什器はないものかと

探してはいたのですが

私のジュエリーと同様に??(苦笑)そんなに流行的需要がないのか

 

世の中に存在しません・・・。

 

外注する程でもないので・・・つくるしかない!!!

 

以前作ったリング置きはギャラリーオーナーさん的にイマイチ?だったのか使われず(涙)

リベンジです。

 

前回は新聞紙を芯に石粉粘土で作りましたが

今回は段ボールを芯に木粉粘土で作りました。

 

金属で作る1/10の時間!!!感動的な時短でカタチは作れるのですが

どうとでもなる粘土の仕上げ具合がイマイチ・・・。

綺麗にならし過ぎると違う・・・と思い、

へらでテクスチャー付けすぎるとわざとらしくてイヤらしい???

テクスチャー次第で雰囲気、質感が違い過ぎる。

作品じゃないからいいけど・・・着地点はあるのだろうか?

 

結局路頭に迷ったあげくボテボテ感ありすぎで終了。

なので乾燥してから、サンドペーパーなどでなんとか・・・

少しテクスチャーを抑えようと思います。(それで済むか分かりません。やり直すかも?)

つくづく、私は「器用貧乏」には程遠い「不器用貧乏」だわと思うのでした。

理想と納得するものが・・・合致しない。

自分の力量を超えてしようとする・・・。

まだまだ勉強不足です。

 

あぁ

また不採用になりませんように・・・。

2019.04.08 Monday

魔女の一撃

4日前の事・・・

 

「ギックリ腰」になりました。

ようやく、デザイン&工程も決まり、さてやるぞっと言う時に出鼻を挫かれる。

このアルミを切断しようと腰を屈めた時でした。

ビビビビーーーーーーンっと

腰に嫌な感覚が走る。

 

あ、これ、ヤバイやつ?

 

恐る恐る腰を起こすと・・・

うぅぅ・・・

暫く動けず、固まる。

 

あぁ、ダメだこりゃ。

 

結局当日はどんどん痛みが増し、歩くのも手摺につかまりながら一歩一歩。

立っていられない座っていらない、

何もできないーーーーー!!!

ひたすらアイシングして、痛み止め飲んで湿布貼って横になって(も痛いけど)じーっとしてました。

 

かなりの頻度のアイシングが良かったのか?

翌日にはコルセットをつけてゆっくり歩けるようになり!これは奇跡!

昨日は、少し温めたり体操したり。

と思い気や4日目の今日は痛い・・・何故だー

腰痛だけではなく痛めた左腰の上下、背中、股関節、足から手まで左半身が痺れっぽく、

自分の体重の重さがズシンと響きます。

寝たり起きたりしていて金属叩ける状態ではないですが、出来る仕事から始めてます。

グループ展直前だし、注文品もあるし、で気持ちが焦りますがまずは治さねば。

 

欧米では「魔女の一撃」と言うらしいけど、

まさにそんな感じですね。

 

私は人生3回目。

20代は交通事故で、

30代は姪を抱っこして、

40代は屈んだだけで・・・(重いもの持った訳でもないのに・悲)

 

皆様も魔女にはお気をつけて!

日々のストレッチがやはり重要らしいです。

2019.02.27 Wednesday

あれこれ

ベランダからの空

 

引越してからかれこれ一ヶ月近く経ちます

 

が、

 

まだ新しい生活環境に慣れない中、

日常の流れを無理やり作る。。。

 

制作は強行しつつ、あまりにも使いにくい部分(ものの置き場とか)を変えていく。

しかし、今は展示直前!

あれもこれも気になりつつも放置が沢山なのです。

表札や照明器具等の自宅のものの制作はずーーーっと先の後回しに。

 

約10畳の工房は今までで一番狭いので工夫が必要なのです。

そして、1番の心配ごとはご近所の皆さんにご迷惑にならない様・・・

(これは鍛金の一番の悩み)

 

防音工事、ペアガラス、とリフォームをした工房ですが、

今のところ

・グラインダーなどの機械音→◎

・金鎚の音→○

・モーター音(吸塵機)→うーん・・・△

という感じで音の周波数や音の伝わり方の違いで防音効果がバラバラ。

そして、外にはそんなに音漏れしていなくても

室内で反響して返って元の音が大きくなってるので吸音材を壁に貼る事に。

 

吸音材が届いたらすぐ貼れるように先週からずっとこんな感じの壁。

 

このトゲトゲに吸音材を刺してキャップをすれば出来上がりなのですが

届くまで、トゲトゲに自分が刺されない様に気をつけねば。

怖い怖い、串刺しになりますね・・・

 

こんな状態での制作は続きます。

 早よ来い吸音材

 

防音工事やら外壁工事やらいつ終わるのやら。

2019.02.13 Wednesday

新しい作業台

洋裁のお仕事をしている叔母の為に

祖父が船大工さんに作って貰った作業台。

 

50年間叔母のお仕事と共にあったこの作業台が我が家にやってきた。

釘を極力使わない組み木で作ったテーブルは

家具職人が作ったわけではないので美しい造りとは言えないのだけど、

ごっつくて厳つい無骨さがかっこいい。

 

そのままでは大きくて車に積めないので

全部バラバラに解体。

外す時の木が擦れた音は、ギシギシ、ギシギシ、音が船の音がしてなんだか嬉しくなってしまう。

 

東京から横浜へ大移動の後は

 割れている所をパテや木工ボンドで修正し、また組み直し完成しました!

木が歪んで組み方が甘くなってしまってるので

泣く泣くビスや金具で補強で、ガッチリした作業台となりました。

 

祖父は生前、宮城で漁業をやっていて

私が子供の頃はいつも山盛りの新鮮なお刺身を食べさせてもらいました。

機械が大好きで大工仕事の工具もいっぱい持っていて。

(私がだいぶ貰いました♡)

思い出いっぱいの祖父の家も震災で残念ながらもうありませんが・・・。

 

作業台に付いた点線や丸い痕。

叔母が型紙作る時のルレットや、ハトメ(かな?)で付いたいたものなのかなぁと

大好きな祖父と尊敬する叔母の軌跡を感じられて嬉しい。

 

おじいちゃんに見守られつつ、叔母の様にいい仕事ができますように

 

きっと金属の仕事だとあっという間に汚れてしまいそうですが、

大事に大事に使いたいと思います。

2019.02.06 Wednesday

初めの一歩

郡山の個展が終了して早くも一週間が経ちました。

会期中はたくさんの方々に観て頂き、心より感謝致します。

1週間と短い会期でしたがほんとに充実した、個展となりました。

たーくさん作っていってよかった!

 

初日には地元の新聞社の取材も受けこうして記事にしていただきました。

(福島民友新聞さん、ありがとうございました!)

 

足をお運び下さいましたお客様、

ギャラリー觀の皆様、

そして仙台や東京から駆けつけてくれたお友達・・・

本当に本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

ギャラリー觀の備品がまた全て素敵。椅子もペーパーウェイトにしてる分銅も

 

郡山の街にはちょいちょい面白い彫刻が馴染んでいて時々驚く・・・

 

さて、

 

郡山での日々から横浜に帰ったらすぐ早朝4時半起床の連日ピストン輸送の日々。

お世話になった星川(横浜市)の工房

 

ようやく引っ越しも終わり工房のガスも明日開通!!(のはず)

 

あー早く仕事がしたい!

 

鎌倉二人展はまだまだ先と思いきやあと一ヶ月しかないのです。

 

でも、二月はそうだった、これがあったと、

 

確定申告・・・

 

また勉強しなきゃいけない事項が出てきたり

 

まだ慣れない土地と動線の慣れない工房で翻弄されながらなんとか初めの一歩を。

Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
instagram
Instagram
Rie Sasaki Official Facebookへ!
Selected Entries
Categories
Archives
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM