2018.10.10 Wednesday

気が付いたらすっかり秋

先日、境界 -オブジェと器-盛久ギャラリー・岩手県盛岡市)

が終了致しました。

最終日しか在廊出来なかったのですが、終日沢山の方に観て頂き、とても嬉しい一日でした。

 

盛久ギャラリーは不思議とお家に戻ったような安心感があります。

オーナーもお客様もギャラリー空間も皆、暖かくてほっこり。

「階段花器」からの会場風景 陶芸・ガラスの存在感あるオブジェが並ぶ

”回転襖”には私の小さなオブジェがポコポコと

入口にはどどーんと岸田さん(漆芸)の作品

サロン会場には日常使いのうつわ中心に

 

お会い出来なかったお客様もいて残念でしたが、また来年!

今度は陶芸家・千田玲子さんとの二人展があるので、また観に来て頂けたら嬉しいです。

 

盛岡に行くのには、実家のある仙台経由で行くと疲れずちょうど良い感じに。

 

日本橋三越が終わって翌日からずっとパタパタパタパタ。

 

東急百貨店吉祥寺店へ直接搬入

仙台入り

盛岡最終日在廊&搬出

仙台からARTRUSHへ郵送搬入

 

よし!ARTRUSHへ送ったぞ!・祝!で、少し息継ぎが出来ました。

友人の陶芸家小鯖美保子さんが出展してるので ”仙台・杜の都クラフトフェア”へ。

展示什器にいいかしら?(少し大きいけど・・・)と木のバームクーヘン。(庭の木クラフト 作)

中くらいのお皿って意外とうちにないかもー。(小鯖美保子 作

握り易いカップと梯子付きの小皿。(星野友里 作

遊び心の楽しいヘアゴム。(うるし工房・源樹 作

お買い物やらご挨拶やら・・・

 

あとは盛岡土産片手に負傷中の千田さんのお見舞いに。

凄いですねー、どんな状況でも作陶してらっしゃる!(大変でしょうに・涙)

きっとまた新しい境地の作品が生まれる事と思います。

ですが、無理なさらずに、一日でも早いご快復を心からお祈りしてますーーー。

 

久々にゆっくりした気持ちの中、気が置けない大切な人達に会えて大満足の東北旅。

 

横浜に戻り、ようやく、通常モードです。

ご注文品、お直し品、少々お待ち下さいませ。まずは諸所のご連絡、ご挨拶を・・・

そしてそして、

 

家時間を楽しむ〜クリエイティブライフ〜東急百貨店吉祥寺店 6Fイベントスペース)

箱庭 ARTS RUSH・代官山)

開催中です☆

私が行けるのは週末か???

2018.10.03 Wednesday

一呼吸

日本橋三越本店の催事は終了致しました。有難うございました。

この一週間は実に濃厚な日々でした。

 

インテリア小物・カトラリー&錫カップ・アクセサリーを出展

ボケボケ写真ですが・・・こんな素敵な文章も作って頂いてました

 

展示前に一週間分の食料を作り置きして冷蔵庫冷凍庫ぱんぱんにしていて大正解。

毎日立ちっぱなし10時間&電車通勤往復3時間で家に帰ると抜け殻・・・の日々でした。

 

初の夜搬入台風の日は日本橋に宿をとり、応戦っ!

台風で電車も20時で止まるという事で1時間早く閉店した三越。

ホテル宿泊組の作家さんと静かになった日本橋で唯一空いていたお店で思いがけずの夕食会☆

(3世代位に渡る年の差4人で楽しかったです〜!)

 

お隣の”Ahora"さん。色鮮やかで斬新なデザインのガラスアクセサリーが並びます

 

伝統工芸展に出展されている鍛金の工芸師さんに作品を観て頂けて、

暖かい激励のお言葉をかけて頂けて(しかも作品まで購入して頂き・涙)

 

手が震えました・・・

 

お帰りになった後、緊張の糸も切れて、嬉しくて嬉しくて涙がウルウル・・・

伝統工芸展に出展していた中で私が素敵な作品だなーと思っていた作品の作者さんでした。

私の作品はアート寄りだったり、普段使いのものだったりするので

伝統工芸からしたら邪道な技法もあろうかと思うのですが、

リスペクトする伝統工芸師さんに理解して応援して頂くなんて。

とてもとてもとても・・・励みになりました。

 

はたまた、東京で100年近くも長くやってる伝統工芸・銀器の五代目社長さんや、

日本刀の伝統工芸師さんにも声を掛けて頂けたりもして。

皆さん暖かく、貴重なお話をさせて頂きました。

 

ひとりひとりのお客様との出会い。

金工繋がりの出会い。

一緒に出展させていただいた作家さん達。

様々な出会いにとてもとても感謝しております。

 

お洋服ともコラボさせてもらいました

 

それにしても、関西出身の三人に囲まれてなんとなく脳内、関西弁。

 

色々な余韻を残しつつ、

ひと呼吸して(山積みになった家事をして・・・)

 

今日は夕方から吉祥寺搬入

明々後日は盛岡在廊ですっっ!

盛岡、どんな空間になってるのだろう〜、私の作品だけ浮いてないかな・・・と

ドキドキが止まらない。

2018.09.28 Friday

雨にも負けず

本日はピカピカのお天気!

嬉しい限りです。


さて、雨からのスタートの日本橋三越の催事。そんな中でも、いつも個展にいらして下さる方々や初めてみて下さるお客様、色々な方との出会いに感謝です。


またまた素晴らしい作家さん達とご一緒で良い刺激を受けながら、励まし合いながらの皆で慣れない立ち仕事。笑

毎日毎日美しい姿勢で立ち続ける社員の方々につくづく感動してしまいます。

期間限定の三越社食も楽しみつつ、

上の階であんこフェアをやってるらしい!とか、伝統工芸展をやってるらしい!とかで気になるイベント目白押しです


残すはあと5日。

本館5階、ギャラリーライフマイニングでお待ちしております。



台風よ、どうかどうかお手柔らかにと願うばかり。。。

2018.09.13 Thursday

暮らしのうつわ花田

私はそんなに大量に同じものを作れる人間じゃないので

あまり注文は受けれないのですが

暮らしのうつわ花田さん(九段下・東京)からの注文は少しづつ作って納めております。

信頼して永くお世話になってる所のひとつ。

 

そんな暮らしのうつわ花田

素敵に紹介されてました!

 

コチラ

 

”宮城県仙台市”のままになってますが、柴田町経由今は横浜在住です。引越ばかりしていてスミマセン・・・)

 

なんと、YouTubeまで!

雰囲気が出てて嬉しいです。

やはり、使うイメージがあるのはいいですね。洋にも和にも普段使いに使って頂ける様にと、心掛けています。

 

錫皿は、展示会などには最近出してない幻の?四角いバージョン。

 

ネットショップもかなり充実してますが、店舗も素敵です。

九段下駅から徒歩3分位かしら?とっても近くです。

お近くにお越しの際は是非覗いてみて下さいね。

 

私もお気に入りの漆のレンゲがあって♡

これは本当に使い勝手良くてまた買いに行きたいものの一つです。

 

どうぞよろしくお願いします。

2018.09.12 Wednesday

身体は横浜・脳内は世田谷・・・そして先へ

只今開催中の

「金属・陶・漆・硝子 四つの世界展
吉川裕子×ささきりえ×中村彩子×恒川久美子

Gallery Tokino-sizuku・芦花公園・東京

 

Gallery Tokino-sizukuは世田谷の芦花公園駅から徒歩五分。

マンションの一角の隠れ家的な小さなギャラリーです。

ギャラリー企画の4人展。

個展以外のグループ展は何か意味合いがないと私はなんだか腑に落ちない事が

多いのですが、

オーナーの企画センスでバッチリな組み合わせでした。

 

漆の中村彩子さんは何度か一緒に展示をしていますが、

陶芸の吉川裕子さん、ガラスの恒川久美子さんとは今回お初です。

 

皆さん作品もお人柄も素敵で。

個性が異なる個性の四人の作品が意外としっくり。

空間作りも早々に決まり・・・

組み合わせた展示も楽しくなりました。

 

吉川さんのホッコリな子が遊びに私の作品ブースに遊びに来てくれたり。

可愛い灯がジュエリーコーナーを灯してくれてます。

自由で優しくってホンワカ。

カップ類もひとつひとつ使い勝手が良さそうで、

そして楽しい気持ちにさせてくれる作品です。

 

恒川さんオリジナル技法のガラス。

板ガラスにブラスターで模様つけたり、着色したりしたものを溶着しながら

何層にも重ねていったものです。(あってるかな?)

吸い込まれそう・・・美しく静かな物語。

写真じゃなかなか伝わらないのが悔しいわぁ。

 

彩子さんの漆は人気のお箸やお椀、アクセサリーも素敵ですが

私はお盆?ランチョンマットじゃないし・・・ランチョン板??

に惹かれてしまう。表が朱漆、裏が黒漆の板。右手の・・・これ。

漆って金属にもなんて合うのだろう!と、つくづく思います。

彩子さんとは来年、鎌倉で2人展なので、どんな展開にしようか楽しみです。

 

私のピックアップは新作のコレ。

花瓶ではないのですね。何でしょう?・・・見ていただけたら嬉しいです・・・

 

先日在廊し、今は毎日制作・制作の毎日。

最終日にまた在廊致します。

22日(土)まで。

 

あ、明日木曜日は定休日です!お気を付け下さいませ。

2018.09.07 Friday

金属・陶・漆・硝子 四つの世界展

最初に

この度の台風や地震で被災された方に心からお見舞い申し上げます。

 

北海道は7月に行ったばかりで地理も詳しくなり、「また行きたい♡」と、

すっかり北海道ファンになっていたのでニュースをみて心がザワザワ・・・心配です。

関西の方々も北海道の方々も一日も早く日常が訪れますように・・・お祈りしております。

 

東日本大震災後から細かなものまで用意していた防災グッズ

(結構なで本当に緊急の時に持ち運べるかは実に怪しい

中身を取り出してみると賞味期限切れてたり。あぁ。

ずっと警戒しては生活できませんが、時々見直さなくてはと思います。

 

3.11の震災の時も必死に考えました。

私の仕事は無力だなと。もしかして必要のない仕事なんじゃないか?と。

ジタジタバタバタ、自分にできることを模索しましたが

やはり一番大切なのは

そして衣食住資金も。

それ以外に大切なものなんてない!と思えるくらいの衝撃をいくつも突き付けられて。

 

でも、生き続けていくということはそれだけでは難しい。

談話だったり、娯楽だったり、体を動かす事だったり、学ぶ事だったり

思いっきり泣いたり笑ったり感動したり・・・

何かしらその一角に居れるのであれば無駄な事などない、

とにかく自分に正直にいい仕事をしよう、と心に刻みました。

(長くなってしまいました・・・読みづらかったらごめんなさい↑)

 

------------------------------------------------------------------

 

そう、そんな中でも日常が回り・・・

 

秋の展示ラッシュのスタートとなりました。

「金属・陶・漆・硝子 四つの世界展
吉川裕子×ささきりえ×中村彩子×恒川久美子

Gallery Tokino-sizuku・芦花公園・東京

本日、搬入。

 

それぞれ違う個性と違う素材ですがとても素敵な方々とご一緒です

 

ポワンとあたたかな優しい気持ちにしてくれる陶器

光と透明度と清楚な世界観に釘付けになっちゃうガラス

潔くカッコいい斬新な、不思議と洋にも和にも似合うのです

 

初日の明日は恒川さん(ガラス)&吉川さん(陶芸)いらっしゃいます。

作り手は作品と雰囲気が一緒だなぁとつくづく思ったのですが、

私は・・・どうなんでしょうね。(自分の事はよくわからず

 

私の在廊は 9/10,22  13:00-17:00あたりです。

あまり在廊できずにごめんなさい!

覗いて頂けたら光栄です。

2018.09.03 Monday

秋の陣

ようやく、工房の二階に立ち入れる気温になりました。

二階は扇風機だけなのですが、この夏、40度超えてるんじゃないか?

と思えるほど熱がこもり、日中は3分といられなかったのですが、

もう大丈夫!

二階でも仕事も(昼寝も)できます。秋ですね。

過ぎ去りし夏を想うとなんだか寂しくもあり。

 

そう、とうとう9月なのです。

 

来週から二ヶ月、怒涛の展示会始まります。

 

だんだん、神経ピリピリで眠れなくなってきました。悲

目を瞑ると、あれやってこれやって・・・はっ!あれはどうする?!・・・と起きてメモしたり、手帳開いたり。悶悶悶悶・・・

 

Tokino-shizuku(芦花公園・東京):作品全般 80点程

直後...

日本橋三越本店 (日本橋・東京)作品全般 150点程

会期重なって...

盛久 (盛岡・岩手) 器とオブジェの境界50点程

直後...

東急百貨店 吉祥寺店(吉祥寺・東京): カトラリー&錫器30点程

会期重なって...

ART  RUSH (代官山・東京): 箱物30点程

会期重なって...

TURM (秋田市・秋田) リング20点程

 

2ヶ月で6ヶ所は流石に初です。

展示会は作品作るだけではなくて、レイアウトの構成考えたり、備品用意したり、値札を会場に合わせて作ったり。

大小ありますが、そーんな事務も×6。

 

重なってる会期もあるので、かなり慎重にしないと、何か忘れそう・・・

忘れものしたら大混乱になりそうなので、同時進行で念入りに梱包準備を始めています。

(忘れ物が多い人間なのです、残念ながら...うぅ)

工房には収まらず、こうやって家にまで荷物の侵入が・・・。

 

うつわの花田への注文品も明日!発送致します。

 

ここ最近、随筆、物語、専門書というバラバラな分野の本を三冊交互に読んでいましたが暫くお預け。

この交互読み、いいみたいです。集中力が付くとか!?

完読に時間はかかりますが意外にもごっちゃになったりしないものです。

また日常に戻ったらのお楽しみとして。

 

さささ、集中力発揮できるかしら?10月まで走りますぞ。

お知らせも頑張ります☆

2018.08.21 Tuesday

群の威力

夕方。

同じ電線に鳥・・・・・

 

整然と並ぶ、驚きの群衆です。

 

ある日は皆で北西を向き、今日は全員南東を向いていました。

一羽として逆向きの子はいません。

ピピピ ピピピ 賑やかに何やら話していますが

毎日毎日、夕方になると夜を越す場所の作戦会議でもしてるのでしょうか?

 

隙間なくミッチリの箇所もあれば、ポツンと一、二羽のところもあり、

あの子とあの子は夫婦?とか、

あ、仲を引き裂く者登場!とか

孤独を愛する者・・・とか

想像したりして。暫く眺める。

 

 

夜はご近所の森で早々秋の虫。

リンリン、涼やかな声のはずが。。。

耳が痛くなる程の大重奏&大音量でグァングァン。

虫の数を想像してはゾゾゾッ・・・となる。

 

 

かといえ、作品はなかなかにならず(作品が溜まらないという事)

 

しかし、焦っていい事はないので

ひとつひとつ向かいあう毎日

 

来月から一ヶ月のスケジュールは

稀にみる過酷さで

目眩がしますが・・・

 

ひとつひとつ。

2018.08.15 Wednesday

さかのぼること先月末のお話

実は、先日のSHIBUYA CRAFT ARTS 2018(渋谷ヒカリエ・東京)

最初は1期に出展予定だったのですが、諸事情のため急遽5期に移動することになりまして・・・

夏休みを終了後にとるつもりが、逆になってしまいました。

 

展示前に休む?!

 

こりゃー心落ち着かないなーと思ったので

いっその事、気になっても何もできない遠くに行くことに。

 

約30年ぶり?の北海道

 

第一の目的。

彫刻家・安田侃さんの美術館 ”アルテピアッツァ(美唄市)”

約15年前?に知った時から、

いつか安田さんがイタリアから一時帰国した際の「心を彫る授業」(ワークショップ)

参加したいと時々HPを覗いていましたが、距離とタイミングがあってなかなか叶わず。

なのでもう行ってしまおうと!

想像を超える素晴らしいところでした。

 

作品名や作品についての紋々などの表記はなく、

古い校舎と自然の中に、白い大理石やいい色に変化しているブロンズの彫刻が

ドーンと設置してあったり、

木陰に隠れていたり、

小高い丘に古墳のように掘られた段々の中にひっそり佇んでいたり

 

古い建物と青く広い空と、植物の緑と虫と人と共存してる。

子供が遊んだり、人々が作品に腰掛けたりしたって構わない。

年に数回、安田さんが帰国したときにどんどん変わっていっているそうです。

スタッフの女の子のお話では安田さん曰く、古いものは壊すのは簡単だけど再建するのは

難しい、だから大切にすべき・・・という事でこの古い校舎を残したという事です。

イタリアやヨーロッパの何百年も続く建築を見ているからこそなんでしょうね。共感です。

入場料が無料・・・というか寄付だけでこんな広大な土地と建物を管理しているのには

驚きました。

 

私の作品もオブジェであってもジュエリーであっても

何かしら人や環境と関わりを持ちつつ楽しめるものでありたい。

そう思い続けて制作しているので、なんだかもう〜この素晴らしい空間に言葉にならず。

 

遠かったけど行ってよかった。

 

また、美術村やギャラリー、色々見ましたが・・・

心を揺さぶられたのが

日本画家・小泉淳作さんの作品軍(小泉淳作美術館・中札内村)

ピリリとした空気感と魂の入った筆使い。

本当に素晴らしかった!(としか言えないのがもどかしい・・・)

あまりに衝撃を受けたので著書も読んでみようと思います。

 

あとは

 

旭川博物館の素晴らしさには感動しました!

アイヌの歴史、旭川の自然・動物・植物を広い空間でを上手に使って

ドキドキワクワク飽きない展示。分かりやすく、そしてかっこいい展示。

きっと優秀な学芸員の方々がいらっしゃるのでしょうね。

子供から大人まで楽しめる事間違いなしです。

アイヌの文化に興味深々でした。(美しすぎるアイヌの装身具↑)

 

北海道はどこまでも平らで

空はどこまでもどこまでも広く

草原もどこまでもどこまでも続く

 

こういう所で生まれ育ったら、小さな事でクヨクヨしなさそう・・・

 

と小さな事でキリキリする私は思うのでした。

結局、旅行中ずーっと頭の片隅に”ヒカリエ”が・・・

2018.08.09 Thursday

渋谷終了

ヒカリエ、終了しました。

 

あっという間の4日間。

 

会期中は安室奈美恵さんのパネル展示やらミュージカルが上の階でやっていて、

その長蛇の列の人達の波がこちらにもやってくる、という珍しい経験をしました。

オシャレな方がちらほら。

お客様のファッションを眺めてるのも楽しかったり。

 

展示は各作家、ブランドごとテーブルや壁を与えられ、そこに自分の世界を出してゆく。

(全ては載せきれないので少しだけ・・・皆さん素敵な空間つくっていました)

 

ほかの作家さんの作品を見ては感心したり、衝撃を受けたり。

それぞれの作家さんとのお話もとても刺激的。お仕事の話、海外の話・・・

あぁ、素晴らしき(面白き)様々な人生!

人に歴史あり・・・同じ人生なんてないのだなーと胸が熱くなったりして。

 

斬新で個性的なお洋服を作るKomariさんが私の作品をつけてくれて、

ファッション&アクセサリー談義も

基本、ファッションに疎い私は目から鱗なお話だったり、目の前が広がった想い。

嬉しい刺激です。

 

足を止めて下さいましたお客様に感謝申し上げます。

個展を見て下さいましたお客様や友人、

ARTS RUSHのお客様も暑い中、駆けつけて下さって嬉しかったです!

心よりありがとうございました。

 

まずは象の足のように浮腫んだ足や立ちっぱなしで痛めた腰を労わりつつ、

間髪入れずに次なる展示に向けて準備を!

 

今年の展示はあと4つです。

Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>
instagram
Instagram
Rie Sasaki Official Facebookへ!
Selected Entries
Categories
Archives
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM